お知らせ




突然のお知らせになりますが、昨夜、さつきが天国へ旅立ちました。
急なことで自分たちもまだまったく気持ちの整理もついていません。

昨夜20時頃、いつものようにさつきを膝に乗せて耳掃除をしていたら、急に苦しみ出して、呼吸困難に陥り、すぐに心臓マッサージをしながら病院へ連れて行ったのですが間に合いませんでした。病院に着いた時にはすでに呼吸も止まり身体の反応もなく、電気ショックなど蘇生処置をして頂いたのですがさつきは帰ってきませんでした。さつきが苦しみ始めてから20分ぐらいです。あっという間でした…助けれらなかった…ついさっきまでいつも通りごろごろ甘えていたのに…

原因を調べるためにエコー検査をすると、胸水(肺に水)がたくさん溜まっていたようです。そのせいで呼吸ができなくなった。胸水の原因はいくつか考えられるけど、心臓疾患が原因ではないかと。その後、さつきが先天的な心疾患の多いメインクーンであることや、生い立ちの環境なども説明すると、メインクーンの純血(近親交配の可能性も)でこんなに身体が小さいのだから、恐らく先天的に心臓に異常があって、その影響で身体も大きく育たたず、あまり活発でもなかった。その先天的な心臓の異常が、胸水が溜まってしまった原因にもなったのではないかということでした。

エコーで見る限りでは、もうほとんど身体も動かず、ごはんも何日間も食べれなかったのではないかというぐらい水が溜まっていたようです。もし助かっていても延命処置ぐらいしかできなかっただろうと。それぐらいひどい状況だったようです。でもさつき自身は、昨日の夕方まではとくに変わりなく、いつも通りのさつきにしか見えませんでした。

最近の様子を振り返ってちょっと気になることと言えば、ごはんの途中でちょっとむせたように咳き込んだことと(すぐに治ったのであまり気に留めなかった)吐いたけど内容物は出ず、胃液だけ?のようなことが何度かあったこと(これも他の猫でもたまにあることなので、あまり深く気に留めなかった)ですが、どちらも重篤な病気の徴候だとは察知できませんでした。しかし結果から考えるとさつきが見せた僅かなサインだったのかも知れません。

先生がおっしゃるには、かなりしんどかったはず、だけど猫の習性で我慢して症状をあまり見せなかったんだろうと。本当なら動けなくなり、ごはんも食べれなくなるそうですが、もともと活発な子でもなく、食欲もムラがあってごはんを残すことも珍しくなかったので、食欲の減退も運動量の低下もはっきりとした症状として現れにくかったのだろうと。

もうひとつ、少し気になることがありました。じつは2ヶ月ぐらい前にさつきの背中に5mmほどの腫れ物ができているのを発見しました。おや?と思ってしばらく観察していたのですが、その後1ヶ月ほどの間に大きくなって、しこりも硬くなって来たので、2月14日、つむぎの避妊手術の日と一緒に、さつきも背中の腫れ物を取る手術を受けていました。これの生検結果はまだ出ていません。

悪性だった場合を考慮して、念のために腫れ物の周りも大きめに取るために全身麻酔の手術だったのですが、術中の麻酔の反応も心電図も、麻酔の醒め方も、まさか胸水がそれほど溜まっているなど感じさせることもなく、とくに問題なかったようです。術後、家に帰ってもいつも通りのさつきで様子も変わらず、傷口を気にするでもなく良い子にしていました。生検の結果が良性である様にと願っていたところでした。

頑張って手術して腫れ物も取ったばかりなのに…結果もまだ出てないのに…生検の結果はあと数日中に判ると思いますが、胸水との因果関係はいまのところ判らないようです。ただどこかに悪性の腫瘍ができていて、その影響があった可能性はあるそうです。

悔やんでも嘆いてももうさつきは居ません。今日のお昼に火葬しお骨になりました。さつきをお棺代わりの箱に寝かせて、花をいっぱい飾って、さつきが好きだったものを入れてあげようと考えたら、さつきが一番好きだったのは人に甘えることでした。ごはんを食べることよりも、おもちゃで遊ぶことよりも、人に抱っこされてごろごろ甘えるのが何よりも大好きな子でした。長くは生きれない宿命だったのかも知れないけど、もうちょっと早く気付いてあげれれば、最後の日々をもっと目一杯甘えさせてあげられたのにと思います。

最後は呼吸困難だったのでちょっと苦しかったかも知れないけど、家に連れて帰ってからは本当にすやすや眠っているような、穏やかな顔になり、朝になったら普通に目を覚ますんじゃないかと思うぐらいでした。

もう遅いかも知れないけど、さつきに、たくさんのごめんねと、たくさんのありがとうを伝えたいと思います。さつきもそう思ってくれてると良いのですが、さつきがうちに来てくれて、自分たちは本当に幸せでした。

さつきごめんね

さつきありがとうね


mellow cafe でさつきと接してくれた方々、さつきのことを思って下さる方々へも、本当にありがとうございます。mellow cafe で過ごした2年半、人に愛される喜びを、たくさんたくさん感じただろうと思います。

本当に、本当にありがとうございます。
m(_ _)m







合掌




2月22日 追記

背中の腫れ物の生検の結果、悪性の繊維肉腫でした。
背中のものを取っても、局所で再発する可能性もあったようです。
これが胸水に影響していたとはやはり考えにくいようですが
肺などにも悪性の腫瘍ができていて、それが影響した可能性はあるようです。



コメント
突然の訃報に、ただただ驚いています。ショックで仕方ありません。
お二人にとっては比べ物にならないほどの哀しみでしょう。
心中お察しします。

mellowが鹿児島へ行ってから、何度も何度もさっちゃんを恋しく思ってました。
控えめで、甘えんぼで、ほんとに小さくて…
可愛くて仕方なかったです。
順番なんてつけられないけど、私の中では一番守ってあげたい子でした。

生まれは厳しかっただろうけど、優しいお二人に育てられて、さっちゃんは幸せだったと思います。
さっちゃんのご冥福をお祈りいたします。
かよ
  • かよ
  • 2013/02/21 9:00 PM
ほんとうにありがとうございます。文章にするのもきついときに、細かく伝えてくださって。

胸水、分かりにくいみたいですし急に進行してしまう子も多いみたいですね。しんどかったのかもしれないけれど、それも気にならないくらい、大好きなパパとママとの暮らしが幸せだったのかもしれない。頑張ってくれてたんだろうと思います。

これからもずっとさつきちゃんは遠くに預けたうちの子みたいなつもりでいます。もうもふもふしてあげられないけれど、ずっと、大好き。
  • はづ
  • 2013/02/21 9:16 PM
とても素敵な毛色…キャリコさんのさつきちゃん…
何時の日か…逢いたかったです...もう一度生まれ変わって巡り逢えることを願っています。ゆっくりとやすんでね! 大好きな家族との絆はずっとずっと心の中にあります。いつかいつか…パパ&ママのもとに・・・また逢える日まで…

読んでて涙が出てしょうがないです。
なんて我慢強い子だったんでしょうね。
でもきっといっぱいかわいがってもらってて、
幸せいっぱいで天寿を全うしたんだと思います。
お別れはつらくて寂しいですが…、
きっとまた会える日がくるんじゃないかなーと、
きっと待っててくれてるんじゃないかなーと、
そう思います。
  • おとまめ
  • 2013/02/22 6:58 PM
mellow cafeさん、覚えていらっしゃいますか?いつもお世話になっておりましたアリエッタです。気づくのが遅くなってしまい申し訳ございません。
私はさつきちゃんに本当に助けられました。辛い境遇にあってもたくさんのお客さんに甘えているさつきちゃんを見ていていつも私のとげとげした心が癒されました。いつも恐る恐る近づく私に癒しオーラ全開で優しく接してくれました。ちょっと顔を近づけるとお日様のいい匂いがしたのを今でも覚えています。本当に本当に悲しくてなりません。そして最後までさつきちゃんらしい優しさで病気を隠していたんですね…。
ありがとう、本当に本当にありがとう、さつきちゃん。またいつか貴女に会いたいなぁ。
  • アリエッタ
  • 2013/03/03 9:33 AM
久し振りにこちらにお邪魔して吃驚しています。
mellow cafeの顔、さつきちゃん。
さつきちゃん達が健康に生きる為の閉店だと言い聞かせたものです。

健康管理バッチリの飼主さんでもこういうことがあるんですね……。
やはり、猫の純血種繫殖は「悪」だと思います。

推定享年は失念しましたが、さつきちゃんは幸せだったと思います。

さつきちゃん、また会おうね。

  • ねむり猫
  • 2013/03/09 8:55 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM