「いただきます」


ごはんを食べるときに皆さん「いただきます」と言いますか?
個々の自由ですが言わないという人も居るでしょう。

「いただきます」ってどんな意味でしょうか?
浄土真宗によると「命のために命をいただく」ということのようです。
自分の命のために、生き物や植物の命を絶って、命を貰うこと。
命をいただくことに感謝の気持ちを表す言葉です。

そこまで深く「食べること」に感謝して
日々「いただきます」と言っている人はどれぐらい居るでしょうか?

店主は二十歳前後の頃、1年半程ベジタリアン生活を経験しました。 
「肉や魚を食べる」=「命を食べる」
ということをより深く考えてみたかったからです。

ベジタリアン生活を経験してたどり着いた考えは
「他の生き物の命を奪って赦されるのは、その命を食べるときだけ」
そして「頂いた命に感謝する」ということです。

養豚を営む家族が、手塩をかけて大切に育てた豚を解体して
豚の命に感謝しながら夕飯にいただく「トンテキ」と

コンビニで売られている398円の「トンテキ」弁当の「トンテキ」と
同じ「トンテキ」でもまったく違うとは思いませんか?
その「トンテキ」に宿る生命力には大きな違いがあるはずです。

野菜でも同じことです。
オートメーション化された広大な畑で工業的に生産されたキャベツと、
農家の方が手作業で大切に育てたキャベツ。
命を頂くからには、頂く命の「生命力」はとても大切です。

猫たちも同じ。

多くは人間用の食材としては流通させることのできないような
畜肉副産物を小麦やトウモロコシ粉で焼き固めて
合成ビタミンやミネラル剤、着色料や保存料を添加したドライフードに
「生命力」がどれほど宿っているか。

うちが猫たちに手作りごはんをあげる本質はその辺りです。
毛並みや体質が変わるとか
アレルギーが改善されるとか
オマケといってもいいかも知れません。

猫たちの「いただきます!」「ごちそうさま!」
を聞きたいからです。






「 猫のための手作りごはんセミナー」 
 (第4回ホリスティック・ケア・セミナー) 

[日時]10月18日(火)18:00〜 
[受講費]¥3,500 (1ドリンク付) 
[定員数]15名 

動物のためのカイロプラクティック、鍼灸、指圧、漢方、ハーブ、 
ホメオパシー、バッチフラワーなど、様々なホリスティックケアに精通する 
往診専門『ヒーリングオアシス動物病院』のスーパードクター 
北野修院長先生をお迎えして 、猫と飼い主さんのより良い暮らしのために 
日常的に実践できるホリスティック・ケアのセミナー。 

最終回となる第4回セミナーの内容は「猫のための手作りごはん」です。 
mellow cafe の猫たちも毎日食べている手作りごはん。 
手作りごはんの基礎を、猫の栄養学や西洋医学、東洋医学の観点を交えつつ 
北野先生ならではのお話をお聞き頂けます。 

Q&Aのお時間も設けますので、気になることやご質問がございましたら 
北野先生に直接お話を伺うこともできます。 


【北野 修(Kitano Osamu)先生 プロフィール】 
日本ホリスティック獣医師協会(現・日本アニマルウェルネス協会)元会長 
AVCA(アメリカ獣医カイロプラクティック協会)認定・獣医カイロプラクター 
日本での獣医師免許を取得後、アメリカにて獣医カイロプラクティックを勉強し 
2004年に獣医カイロプラクターの資格を取得。 
動物のためのカイロプラクティックだけでなく、鍼灸、指圧、漢方、ハーブ、 
ホメオパシー、バッチフラワーなど、様々なホリスティックケアに精通し 
往診専門「ヒーリングオアシス動物病院」にて、犬、猫、エキゾチックアニマルから、 
牛や馬など大動物まで、多くの動物たちの治療を手がける。 

ヒーリングオアシス動物病院 
http://www.geocities.jp/healingoasis_jp/ 







calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM